ヒフミド 使用期限

ヒフミドの使用期限はいつまで?考えるうる最悪のシナリオとは?

 

ヒフミド使用期限

 

ヒフミド使用期限はいつまでだろう?

 

そんな疑問が頭をよぎった方もいらっしゃるでしょう。

 

というのもヒフミドは低刺激処方にこだわっており、刺激の強いパラベン(防腐剤)を使用していないからです。

 

今回はヒフミドの使用期限と使用期限切れのものをつかまされるケースについてご紹介します。

 

ヒフミドの使用期限について

 

ヒフミドの使用期限は未開封の場合、製造日から3年です。

 

これは法律でも決まっており、使用期限が3年程度の化粧品は多いです。

 

ただし、日差しが当たる場所や湿気の多い場所に保管しないという条件がつきます。

 

そして、開封後はなるべく早く使いきるよう推奨されています。

 

ヒフミドの化粧水やクリームは毎日使うと大体1ヵ月〜1ヵ月半くらいでなくなるので、普通に使っているなら使用期限が切れることはありません。

 

ただ、バラベンより防腐効果が弱いけど、安全性が極めて高いフェノキシエタノールで代用しているので、開封後早めに使いきるよう推奨しているわけです。

 

使用期限切れのヒフミドをつかまされる最悪のケースとは

 

ヒフミドは低刺激処方で安全性にこだわっていますが、買う場所を間違えると使用期限切れのヒフミドをつかまされる可能性があるんですね。

 

それは正規メーカー以外のところで購入するケースです。

 

現在、楽天やアマゾン、メルカリ、ヤフオクなどでヒフミドの転売品や横流し品が販売されています。

 

もし販売元である出品者が直射日光が当たらない場所、あるいは高温多湿でない場所にしっかり保管していれば何ら問題はありません。

 

ただ、過去にヤフオクやメルカリで逮捕者が出たように、良心的な出品者ばかりかというとそうでもないんですよね。

 

Amazonなんかも一応ガイドラインでは使用期限切れの商品は出品できない決まりがあります。

 

ただ、使用期限ギリギリの商品を平気で出品する人もいるんですね。

 

Amazonや楽天のレビューを見ると、よくそういうクレームを見かけますからね。

 

転売業者から商品を買って使用期限が切れていた場合、泣き寝入りするか、当事者同士の話し合いで解決する必要があります。

 

『話が難航してなかなかヒフミドが使えない』なんてことになると嫌ですよね。

 

そういったことを踏まえて、ヒフミドを買うなら品質管理が行き届いた公式サイトが無難なんです。

 

ヒフミド使用期限